クラウドワークスで低評価を登録されてしまったので気を付けたいこと

クラウドワークスで低評価を登録されてしまいました。
なぜ低評価を登録されてしまったのか?
今後どうすれば低評価の登録を回避できるのか?
私なりにご紹介したいと思います。

クラウドワークスの評価について

クラウドワークスで仕事を受けたり、お願いした方はご存じたと思いますが、納品が完了して仕事が終わるとお互いに評価を登録し合うシステムになっています。

評価は、星の数で表し、星が5つが最高評価で以下5つの項目からなります。

  1. スキル(受)・要望(発)
  2. クオリティ
  3. スケジュール
  4. コミュニケーション
  5. パートナーシップ

評価の役割について

仕事を応募する時にこの人はどんな人かなと思い、個人のページに行ってプロフィールだったり評価を確認しますよね。

評価と合わせてコメントも登録できるのですが、そのコメントも閲覧可能となっています。

なので、仕事の依頼が丁寧とか仕事がやりやすかったとかの良いコメントがあったり、評価が満点のものばかりあると大丈夫そうだなと思われ募集も増えてきたりします。

逆に低評価が多くコメントがイマイチだと大丈夫かな?と思い募集を見送られてしまうのではないでしょうか。

クラウドワークスで外注化をするにあたり、仕事を依頼しやすくするためにも評価は高い方が良いのです。

なぜ低評価を登録されたのか?

一度は契約したものの納品される記事がイマイチだったり、既定の文字数でないことが何度もあったりと次の契約を見合そうと思う方もでてきます。

記事がイマイチというのも抽象的なので、具体的には誤字脱字が多い、タイトルの内容が記事内に含まれないといったところでしょうか。

何回も言うのは疲れますし、めんどうに感じでこっちで直したりすることもあったのでちょっとなーと思い始めました。

一旦、依頼分の記事がすべて納品されたので、ありがとうございました。といって検収完了したのですが、そのあと評価登録を無視していました。

しばらくして個人ページの評価を見ていたら星4つや星3つといった評価をつけられているではないですか。

星3つをつけたのは文字数が足りてないので確認を依頼した方でした。

文字数のチェック方法も教えたのに2回連続で文字数不足だったにもかかわらず、クオリティで星3をつけられるという。

どっちがやねん!(関西人ではありませんが、つい心の中でつぶやいてしまいました。)

契約を継続しなかったためか、文字数の確認依頼の仕方が悪かった(丁寧に依頼したつもりですが。)のかわかりませんが、登録されてしまった低評価を星5に変えることはできません。

評価の登録には個人の感覚の差があり、星5は完璧でないとつけられないといった感覚の方もいると思います。

問題なく契約が完了した方においてもなんとなく星4を付けられた項目もありました。

低評価を回避する為のたった一つの方法とは?

今回低評価を登録されてしまった原因は、評価を登録しなかったためです。

評価登録を怠ったため、結果的に低評価を登録されてしまいました。

どんなに微妙であっても星5の評価を付けた相手には星5の評価をつけるのではないでしょうか。

なので、今は、契約が完了した時にすぐに星5の評価を登録するようにしています。

さいごに

クラウドワークスの外注化にあたり評価は軽視できないものだと思います。

やはり、評価が溜まってきて良いコメントが頂けるようになると募集しただけで勝手に相談がきたりすることがあります。

なので、少し仕事の内容が微妙だったとしてもお互い気持ちよく契約を終わる為に相手には良い評価を登録してあげるのが良いように思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする