エックスサーバーの画像アップロードがhttpsにならない解決方法

ブラウザのキャッシュをクリアしても、WPのプラグインを無効化しても画像をアップロードするとURLがhttpになってしまう。
URLがhttpsにならずに悩んでいる方は、こちらの記事をご覧ください。

サイトのURLの左にビックリマークのアイコンが出て、「このサイトへの接続は完全には保護されていません」と表示されてしまいます。

「このサイトで目にする画像は、悪意のあるユーザーによって差し替えられたものである可能性があります。」と表示されてもどうしたらよいのか困りますよね。

この悩みを解決した私の方法をご紹介したいと思います。

情報、または保護されていない通信について

エックスサーバーでSSL化してしばらくサイトを運営していたのですが、どうも違和感があるなと思いまして、やっと気づきました。

サイトのURLはhttpsになってますし、ちゃんと閲覧もできるのですが、鍵マークがついておらず、保護された通信になっていませんでした。

サイトのURLの左のアイコンが!(びっくりマーク)になっています。

具体的には、以下の画像のように表示されてしまいます。



画像にある「詳しく見る」をクリックするとgoogleのQ&Aのようなサイトに飛ぶのですが、そこには以下のとおり説明があります。

サイトのURLの左のアイコンが!(びっくりマーク)になっているということは、「情報、または保護されていない通信」ということです。

詳しい説明は、以下のとおりです。

サイトはプライベート接続を使用していません。このサイトとの間で送受信される情報は、何者かによって表示または変更される可能性があります。
サイトによっては、次の手順でページのより安全なバージョンにアクセスできます。
1.アドレスバーをクリックします。
2.http://を消してhttps://と入力します。
この方法でページにアクセスできない場合は、HTTPSを使用してサイトとデータを保護するようサイトの所有者に依頼してください。

「このサイトで目にする画像は、悪意のあるユーザーによって差し替えられたものである可能性があります。」と表示されてしまう原因について

なぜこのような表示になってしまうのか原因が不明なので、インターネットで調べてみました。

どうやら、サイトに表示される画像のURLがhttpになっているというのが原因でした。

サイトに表示される画像のURLの調べ方について

まだ立ち上げたばかりのサイトなので画像なんてほとんど使っていません。

インターネットで調べるとサイトのヘッダー画像がhttpになっているのが原因とのことなので、サイトのヘッダー画像のURLを調べてみました。

画像のURLの調べ方なのですが、URLを調べたい画像の上で右クリックするとメニューが表示されるので、「画像アドレスをコピー」をクリックします。

あとは、メモ帳に張り付けると画像のURLが確認できます。

メモ帳は、すべてのプログラムからアクセサリをクリックするとメモ帳が表示されるのでクリックしてメモ帳を立ち上げます。

画像のURLの貼り付けは、立ち上がったメモ帳を選択し、「Ctrl + V」でアドレスを貼り付けることができます。

アドレスを確認したところhttpになっていましたので、どうやらヘッダー画像のURLがhttpになっているのが原因でした。

「このサイトで目にする画像は、悪意のあるユーザーによって差し替えられたものである可能性があります。」の表示を解決する方法について

解決方法をインターネットで調べてみました。

どうやら、ブラウザのキャッシュをクリアし、ワードプレスのプラグインを無効化した後に画像をアップロードすると画像のURLがhttpsになるようです。

しかし、以下の画像のとおり画像をアップロードすると画像のURLがhttpのままです。



キャッシュをクリアしてワードプレスのプラグインを無効化して画像をアップロードしたのですが、何度やっても画像のURLはhttpのままです。

解決方法を半日ほどインターネットで調べたのですが原因がわからず困っていました。

しかし、SSL化した時のメモを確認したところヒントがありました。

ワードプレスの一般設定にWordPress アドレス(URL)、サイトアドレス(URL)の設定があるのですが、そこがhttpのままだったのです。

なので、以下の画像のようにアドレスをhttpsに変更しました。



サイトアドレスの設定をhttpsに変更して画像をアップロードすると画像のURLがhttpsになりました。

画像のURLがhttpsに変更となったことで、サイトの右のアイコンが鍵マークになり、保護された通信状態になりました。


さいごに

いかかだったでしょうか。
エックスサーバーのドメイン設定より無料独自SSLを利用するにチェックを入れてドメイン設定の追加をしました。
とても簡単にSSLができたのですが、思わぬ落とし穴にはまってしまいました。
SSL化をしたら一般設定からサイトアドレスをhttpからhttpsに変更することを忘れないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ライズ より:

    素晴らしい!
    困っていたのでとても助かりました。