エックスサーバーならhttpからhttpsがチェック1つで簡単!

エックスサーバーならサイトのURLをhttpからhttpsにSSL化することがチェック一つで出来てしまいます。

これからサイトを一つ立ち上げようかなと思っている方、SSL化が難しそうという方はぜひご覧ください。

私が実際にサイトを1つ立ち上げた時のことを分かりやすく図付きでご紹介したいと思います。

エックスサーバーは、サイトのSSL化がなんと無料でできてしまいます。

現在、サイトのSSL化は、一般的でgoogleは、SSL化されたサイトを評価するとも言われています。

ぜひ、これからサイトを立ち上げる場合は、SSL化した状態で立ち上げたいですよね。

ドメイン取得について

まずは、ドメインを取得します。

ドメインは、サイトのURLのことですが、エックスサーバーで取得できます。

エックスサーバーでドメインを取得することで、サーバーとドメインの関連付けがです。

エックスサーバーのインフォパネルにログインします。

インフォパネルの「追加の申し込み」クリックします。


利用規約が出てくるので同意クリックします。

ドメイン新規取得クリックします。

希望の独自ドメインを入力して検索します。

希望の独自ドメインを申し込むクリックします。

お申込み内容の確認クリックします。

お申込みする[確定]クリックします。

料金のお支払いクリックします。

案内に従って料金を支払います。

ドメイン取得完了です。

ドメイン設定の追加について

サーバーに取得したドメインを追加します。

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

ドメイン設定クリックします。

ドメイン設定の追加クリックします。

先ほど取得したドメイン指定します。

ここで、無料独自SSLを利用するにチェックを入れます。

これでサイトがSSL化されます。

ドメイン設定の追加(確認)クリックします。

ドメイン設定の追加(確定)クリックします。

ドメイン設定の追加完了です。

ワードプレスのインストールについて

サーバーパネルにログインします。

設定対象ドメインがワードプレスをインストールするドメインであることを確認します。

自動インストールクリックします。

プログラムのインストールクリックします。

WordPress日本語版のインストール設定クリックします。

インストール確認クリックします。

インストール確定クリックします。

インストール完了しました。のメッセージがでれば完了です。

最後にワードプレスの設定の一般設定からWordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)を必ずhttpsに書き換えましょう!

しばらくは、サイトにアクセスしても以下のメッセージが表示されます。

無効なURLです。
プログラム設定の反映待ちである可能性があります。
しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。

と表示されます。
1日程度放置していれば見れるようになります。

表示が変わらない場合は、ブラウザのキャッシュをクリアしてみましょう。

リダイレクトの設定について

リダイレクトの設定をすることでhttpでアクセスしても自動的にhttpsのアドレスにしてくれます。

サイトを途中でSLL化する時には、httpのアクセスを引き継ぐためにこのリダイレクトの設定を行います。

初動からSLL化するので不要だと思いますが、httpでアクセスできてしまうので念のため行います。

サーバーパネルにログインします。

.htaccess編集クリックします。

ドメインを選択します。

.htaccess編集クリックします。

.htaccess内のテキストでRewriteEngine Onのコードがあるので、その行の下に以下のコードを追記します。

RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC] RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

.htaccess編集を確認する。

.htaccess編集を確定する。

以上でサイトのSSL化が完了です。
お疲れ様でした。

さいごに

いかがだったでしょうか。
httpからhttpsに変更したこともありますが、とてもめんどうでしたのでチェックひとつでSSLできるのは簡単ですよね。

今回あまりにも簡単だったのでご紹介しました。
お役にたてると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする